製造業向け設計者育成研修「ゼロから設計マン」

平日9:00 ~ 18:00 03-6712-0037

  • 資料請求
  • お問い合わせ

受講生の声

平泉様、早川様、荒木様、後藤様、若井様

部品がどんな機能をもっているかを考え、色々な要素、機能をもったものの集合体が機械になっていることを理解し、部品一つひとつに意味があるというのを改めて学ぶことができたので、すごく面白かったですね。

平泉様、早川様、荒木様、後藤様、若井様

ゼロから設計マンを受講する前に感じていた課題を教えていただけますか?

ゼロから設計するにはどのように仕事を進めればいいのか、そこが課題でした。

平泉様:
流用設計が多い部署のため、これまでゼロから設計をすることがありませんでした。ゼロから設計するにはどのように仕事を進めればいいのか、世に新しいものを生み出すにはどうしたらよいか、といったことは全く経験が無く、そこが課題でした。

早川様:
トレーニングが始まる前までは設計とは全く関係ない部署にいたので、「設計とは何か?」ということで、全くわからない所がスタートだったので、設計の全体像を知るということが課題でした。

荒木様:
私も平泉と同じように流用設計が多い部署で、その中でも、私は過去に開発機の案件に関わることがあったのですが、当時は上司が喋っていることをただ聞き流すだけで内容があまり理解できないこともありました。新規設計業務の基本的な考え方を身に着けることが課題と感じていました。

後藤様:
課題としては、空間認識能力を高めることでした。図面ばかりではなく、物として考えられるようにしないといけないとは思っていました。

若井様:
もともと大学で学んだ設計の基本的な知識を忘れた点も多く、本質的なことから理解が不足していたので、正直全体的に課題だらけでした。

ゼロから設計マンを受講する前と受講後で想定していた内容に違いはありましたか?

イメージがしやすく、わかりやすかったので、すごく頭に入ってきやすかったです。

平泉様:
正直、最初のイメージとしては、機械要素の関係やギアとか、どういう駆動するものがあるとか、具体的な設計に関する研修だと想定していました。
ただ実際には100円均一で販売している商品を解体して、部品がどんな機能をもっているかを考え、色々な要素、機能をもったものの集合体が機械になっていることを理解し、部品一つひとつに意味があるというのを改めて学ぶことができたので、すごく面白かったですね。今度は自社の製品に置き換えて、付属で部品を付けるにしても、「じゃあこれはどういう機能をもたせるものなのか」とかの意識が強くなりましたね。

早川様:
受講前のイメージは自社製品について深掘りしていくものと思っていました。実際は身の回りの物を使って様々な設計的な検討を行ってきた為、イメージがしやすく、わかりやすかったので、すごく頭に入ってきやすかったです。

荒木様:
私の最初のイメージは、何かお題を出されて、それに対して今ある知識をフル回転させ、製品の設計をやり遂げるような研修だと思っていました。実際は、その前段階の部分がメインで、考えやすいお題から、物の機能や製造方法など、基本的なところから学ぶことができたので、良い意味で凄くギャップがありましたね。

後藤様:
受講前は、もっとテキストをゴリゴリにやるような、それこそ数式が羅列するような勉強ばかりだったら怖いなと思っていました。実際は、ディスカッションやグループワークの割合が多く、意欲的に取り組めたので受講しやすかったですね。

若井様:
私は途中からの受講なのですが、ディスカッションや発言する場も多かったのが、受講前とのギャップでしたね。

研修を通して学べたこと、実際、実践で活かせたところを教えて頂けますか?

物の作り方や作っている物に関しての視野が広がったと感じています。

平泉様:
そうですね、やはり部品ごとに機能があることを勉強させていただいたので、自社の機械で何か機能を追加するときにはどのように付加するのかを実践できるようになったと感じています。
あとは、会議や打合せとかの場でも、目的や時間を気にしながら打合せができるようになったのかなと思います。

早川様:
私はやはり、毎回実施したアイソメ図を描くことは成長できたかなと思いますね。最初の頃は本当に設計に来たばかりで、図面を読むことすらできなかったので、そこから考えるとすごく成長できたかなと思います。

荒木様:
設計に関する基本的な考え方が学べたので、通常業務で活かせる部分、応用で活用できる部分など、自分で色々と考える機会ができたのがよかったと感じています。業務で使える知識に関しては実践してやっていきたいと思っています。

後藤様:
物の作り方や作っている物に関しての視野が広がったと感じています。これまで自社製品にしか興味がなかったのですが、いろんな題材があって、「樹脂のものだったらこんなふうに作っているのか」「こんな加工でやっているのか」という、物の作り方の興味が自社製品以外のところにも広がったと思いますね。

若井様:
私は工程に関する知識がつきました。また製品、部品1つ1つの機能や、色々な見方というか捉え方が学べたと感じています。

受講したことで、新たにできた課題や目標があれば教えてください。

「こういった根拠があるから、こういうふうにしたいとか」、それを相手にも伝えられるようにしていきたいと思います。

平泉様:
グループディスカッションで、みんなの前で発表することはトレーニングになりましたが、人に伝える力はまだまだ不足していると思っています。頭の中では何となく理解でき、解決の仕方も分かっている。でもそれを人に言葉で伝えることや文章で読んで分かるように残せるかというと、まだ出来ていないと感じます。今後は残せるようにしていきたいなと思います。

早川様:
私も課題としては文章を書くことですね。今回のトレーニングで、5W1Hやテクニカルライティングで表やグラフを使うといったことを学べたので、今後の業務に活かしてやっていきたいと思っています。

荒木様:
要因分析を今後は意識して活用し、かつそれを自分の中だけで済ませるのではなく、「こういった根拠があるから、こういうふうにしたいとか」、それを相手にも伝えられるようにしていきたいと思います。考え方もそうですが、伝え方をうまくできるようにしていきたいですね。

後藤様:
課題は、精度の高い図面を残すことです。「なぜここが5mmなのか」などを説明できるように、自分の意図を盛り込んだ図面を書くのが大事だなと思いました。図面にそこまで触れる職ではないのですが、作成する際は意識していきたいと思います。

若井様:
私は立体図がまだ得意では無いので、そこを高めていくことですかね。

ちなみに皆さんの中で、印象に残った授業や課題はありますか?

課題と言えば、プラレールですかね。

平泉様:
アイソメ図は研修でいつもやっていましたね。普段書く機会がすごく少ないので、最初は「こんなにも自分は書けないのか」って思っていました。でもアドバイスをいただき、徐々に書けるようになりましたね。今も汚くてセンスが無いとは思いますけど。

早川様:
課題と言えば、プラレールですかね。これは身の回りによくある製品ですが、良く見ると実に設計観点では多くのことを考えないといけないということがわかりました。例えば電池部分ではこのような仕様でないといけないなど、全然考えていませんでした。

他のインタビューも見る

  • 伊達様

    伊達様

    発言内容が変わり、設計スピードが上がったと感じています。

    インタビュー詳細を見る

  • 阿部様、矢倉様、落合様、宮崎様

    阿部様、矢倉様、落合様、宮崎様

    自分が経験したことがなかったことを網羅的に学べたことが良かったなと思っています。

    インタビュー詳細を見る

  • 本田様、中塚様

    本田様、中塚様

    設計のベースとなる考え方を体系的に学べる研修ということで「ゼロから設計マン」の受講を決定しました。

    インタビュー詳細を見る

  • 執行役員 技術本部長 板倉 潮様

    執行役員 技術本部長 板倉 潮様

    ここまで「ゼロから設計マン」の第一期と第二期を見てきて、受講した若手エンジニアが流用から抜け出して少しずつ自分で考えて設計し、製造を考慮して作図するようになってきているのではないかと感じています。

    インタビュー詳細を見る

  • 内装品技術第一部 課長 阿久澤 啓司様

    内装品技術第一部 課長 阿久澤 啓司様

    研修を受講したことで、人の意見を聞くことが多かったメンバーが、人前で自分の意見を言えるようになりましたね。

    インタビュー詳細を見る

  • 内装品技術第一部 設計第一グループ 係長 難波 孝晃様/内装品技術第二部 小林 ゆり様/シート技術部 吉井 悠貴様

    内装品技術第一部 設計第一グループ 係長 難波 孝晃様/内装品技術第二部 小林 ゆり様/シート技術部 吉井 悠貴様

    自分たちで考えて答えを出し、発表を通じてアウトプットするということで、想定していたよりも実践的な教育でした。
    課題は大変でしたが(笑)

    インタビュー詳細を見る

  • 部長 山下 大地様

    部長 山下 大地様

    若手育成のために「ゼロから設計マン」を導入しましたが、結果的に管理者である私が一番学べたと思っています(笑)
    また、想定外でしたが受講後に設計部門の売上が伸び、設計部門の売上が会社売上の4割を占める月も出てきました。

    インタビュー詳細を見る

  • リーダー 内田 博也様

    リーダー 内田 博也様

    設計を体系的に学ぶことができ、自分自身の答え合わせができました。
    また、チームメンバーの間で共通言語ができたことは良かったです。

    インタビュー詳細を見る

  • 鐘ヶ江 温克様

    鐘ヶ江 温克様

    本物のラジオを分解して設計者の考え方を推測する授業は楽しかったですね。
    研修後、設計する際の視点が変わりました。

    インタビュー詳細を見る

まずは以下よりお問い合わせください。

資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ

Copyright © 2021 XrossVate Inc.